発汗してダイエット

ダイエットにはとにかく発汗してカラダの脂肪を燃やすことが大事なので、そのためにいろいろとダイエット方法をためしました。

まずは、とても一般的な方法ですが、半身浴をします。お風呂に集めのお湯を半分くらいためて、そこになるべく長い時間入っているようにしました。

しかし、私は長時間じっとしているのが苦手なので、とても苦労しました。見ていて楽しいファッション雑誌をもちこんだり、小説を持ち込んだりして、湯船の中でじっとたえていました。

しかし、いちばん効果的だったのは、映画をお風呂の中でみることです。しかも、好きな俳優が出ているロマンス系の映画はずっとあきずに見ていられますし、時間をわすれられるので、半身浴中にはよく見ていました。

あとは、資格の勉強をするために、参考書をお風呂の中に持ち込んで勉強をしようと思ったことがありましたが、やはり、集中力がとぎれてしまうので、半身浴中は、じぶんが夢中になれるもののほうが良いと気づきました。

発汗するためには、お風呂から上がったあともたいせつです。インドの香辛料の入ったジェルを塗って、より発汗を促すという方法をきいたことがあったので、そのとおりに、そのジェルをとりよせて特に痩せたい部分にぬるようにしました。

とくにふくらはぎとにのうでが気になっていたので、ふくらはぎは、かかとのほうから心臓に向かって、むくみを取るようなかんじでマッサージしながらジェルをもみこんでいきました。

ダイエットは冬場こそ絶対必要

コートを脱いで薄着の季節になる前に大抵の人は、「ダイエットしなくちゃ」という緊張感を持つのではないしょうか。 もちろん薄着は贅肉が目立つモノ。でも実は薄着の季節のファッションのほうが贅肉をカバーできるような気がしています。最近流行のマキシスカートやパンツにフワフワ系トップスという夏場のスタイルって、実は細見え効果が高いように思います。 水着だってイマドキのビキニはものタイル補正効果が高い上に、むしろ少しぽっちゃりしていたほうが可愛かったりもします(デブに甘すぎ?)。

逆に冬場のファッションのほうが格好良く決めるためにはダイエットが絶対必要に思えます。特に足が太い人には冬はとてもツライ季節です。なぜなら、最近の冬のファッションの最重要アイテムと言えばブーツだからです。何と言ってもブーツを合わせる=ボトムは短くて足を出すアイテムになるのですから。足が太かったらかわいいブーツがあっても試着してみたらふくらはぎが邪魔して履けないなんて悲しい思いをすることになる上に、そもそもブーツからのぞく足が太かったらそれだけでものすごく野暮ったい印象になってしまいます。

なので秋になると猛ダッシュでダイエット、特に脚やせ系に走る人が実は最近多いのです。 脚やせに効果が大きいスクワットを毎日100回するという話や、毎年この時期に痩身エステで脚やせメニューを頼むとか、脚のむくみを取るために暖かい飲み物しか飲まないとか、数々の努力を耳にします。 ダイエットの成功が冬のおしゃれのカギなのです。